アプリを使いこなす|店舗経営のお供に指名【レジアプリの利便性を紐解く!】

レジアプリで可能な操作【基本的な機能から併用可能な機器を網羅】

アプリを使いこなす

男女

注文機能と会計まで感覚的に操作

スマホやタブレット端末で操作すれば、感覚的に商品注文や会計が行なえるのがレジアプリの利便性。誰もがスマホ端末操作に手慣れているため、操作ミスでお客様に迷惑をかける心配が少なめです。それに、新人への教育でも簡単に教えられるので、研修につぎ込む時間も最小限に抑えられます。

席ごとにお客様の情報を管理

レジアプリは、お客様がどの座席に座ったのかまでも管理してくれます。そのため、席ごとに会計するときもすばやくできるので、飲食店にはおすすめな機能といえます。

リピーターを増やす機能が充実!

単純に、レジアプリはお店の売上げはどれくらいかを算出するだけでなく、クラウド上でその日の売上情報をいつでも記録しておけます。また、商品の売れ筋はどうなっているのかも数値で見極められます。時期に応じて、何が売上を伸ばしているかを把握できれば、キャンペーンで何をお得化して提供すればいいか一目瞭然になります。

オフライン状態でも使える機能がある

レジアプリは、一見ネット環境が整っていなければ扱えないツールと言う印象を抱いてしまいますが、ネットがつながっていなくても会計機能と言った一部機能は利用可能です。店舗内でネット回線の調子がおかしくても店舗を休業させません。ネットがつながっていない状態でも一部だけアプリが利用できるのは大助かりです。

併用すれば利便性UPのレジアプリ周辺機器

クレジットや電子マネーの決済サービス機器

クレジットカードや電子マネーでの支払いを行なうお客様にも対応するために、それに対応した機器を導入すれば後々便利です。店舗側では、注文から会計に至るまで楽に行なえます。それに、お客様側でもクレジットカードなどで会計を済ませれば、クレジット会社から利用分のポイントが贈呈されます。店舗にとってもお客様にとっても利点が盛りだくさんです。

モバイル決済機器

クレジットカードでなく、モバイル機器を使って会計を行なうお客様も中にはいます。利便性は、クレジットカード同様注文から会計までの作業が楽になるのは勿論、誰もが利用しているSNS系の決済システムにも対応出来ます。SNSは誰もが利用しているため、今後は利用者数が増加する可能性を秘めているのは確かと言えます。

会計ソフト

店舗の売上データを会計ソフトへ自動取り込みや自動仕訳設定を行なえば確定申告書の作成の手間が省けます。店舗の記帳の手間が省けるだけでなく、記帳の漏れや抜けを防ぎやすいので、確定申告トラブルも引き起こしにくくなります。

POICHI

POICHIを導入すれば、全国で使われている共通ポイントがお店でも使用可能となります。専用のカードリーダーを接続するだけで導入自体は簡単です。会計時にポイントが贈呈出来れば、販売促進も図れるのは間違いありません。それに、利用できるポイントカードも拡大する予定なので、導入を検討しておくのもアリです。

Square

クレジットカードを通すためのシンプルな構造の機器ですが、従業員のタイムカード機能としても活用できます。カードを通しただけで、何時に出勤退勤をしたのか正確に計測できます。スタッフが不正に打刻を操作するのを未然に防げます。単純な会計に活用できる他に、従業員管理にも役立てられます。